So-net無料ブログ作成
加古川健康福祉事務所だより ブログトップ

☆小児救急医療電話相談を活用しましょう! [加古川健康福祉事務所だより]

 兵庫県では、夜間の子どもの急な病気で困ったら、電話で相談できる
 「小児救急医療電話相談」を開設しています。
                 t-021c.gif
  夜間のお子さんの急な病気やケガなどで、病院に行くべきか困った時に、看護師からお子さんの症状に応じた対処の方法等のアドバイスが受けられます。ぜひ、ご利用ください。

★ご相談は無料です。(通話料は、利用者負担となります。)
★お子さんの体調がすぐれない時は、昼間の診療体制が整っている診療時間内に、早めに「かかりつけ医」を受診しましょう。
①プッシュ回線              ♯8000
 
ダイヤル回線、携帯電話、IP電話 078-304-8899
       月曜日~土曜日    18:00~24:00
       日・祝・年末年始     9:00~24;00



 ※この電話相談は、診断や治療を行うものではありません。また救急時の相談窓口として開設しており、育児相談や健康相談の窓口ではありません。


コメント(0) 

食中毒に注意しましょう! [加古川健康福祉事務所だより]

梅雨から夏にかけての季節は、細菌性の食中毒が発生しやすいので注意しましょう。鮮度がいいからといって、食肉を生や加熱不足で食べると食中毒のリスクが高まります。
特に抵抗力の弱いお子さんの場合は、症状が重症化しやすいので、注意が必要です。

牛や豚などの肉には様々な菌が付着しています。東播磨圏域でも10歳未満のお子さんが発症しており、生の肉を食べたり、加熱不足が原因となっています。

[ひらめき]食中毒にならないために・・
●お肉を食べるときはしっかり加熱(目安は75℃以上1分間)
●お肉を焼くおはしと食べるおはしは一緒にしない!
●まな板や包丁は洗剤で洗って、熱湯や漂白剤で消毒しましょう
●調理前後、トイレの後、ペット等を触れたら石けんで手を洗いましょう
●解凍は自然解凍はせず、冷蔵庫や電子レンジを使いましょう

[どんっ(衝撃)]どんな食品にどんな細菌がいるの?
・カンピロバクター:鶏の刺身やタタキ、レバー
・腸管出血性大腸菌:加熱不十分の肉料理、牛レバー
・腸炎ビブリオ:生鮮魚介類、刺身
syokutyudoku.JPG  


コメント(0) 

ひょうご子育て応援メール [加古川健康福祉事務所だより]

ひょうご子育て応援メールに登録しませんか[メール]

兵庫県は、携帯電話やパソコンのメールアドレスにさまざまな子育て支援情報を月4~5回程度(全県版・地域版)提供しています。

①regist@magazine.hyogo-kosodate.jp  に空メールを送信
h-ouenmail.JPG

②返信されるメールに記載のURLにアクセス

③ニックネームを入力し、メール配信を希望する地域を選択

④メール返信で登録完了

※登録は無料です。登録にかかる通信費は各自ご負担になります。
※登録していただいたニックネームとメールアドレスは、同メールの配信以外には使用致しません。


コメント(0) 
加古川健康福祉事務所だより ブログトップ